会社案内


HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

大正 8年 1919年 大阪西城郡江成町(現 大阪市福島区浦江)にて金田鉄工所創業。
昭和 6年 1931年 朝日新聞社と提携しオートプレート・オートセーバーの国産化に成功。
21年 1946年 有限会社日本新聞機械製作所と社名変更。
27年 1952年 株式会社金田機械製作所と社名変更。本社・工場を豊中市に。
39年 1964年 全自動横型鋳造仕上機の国産化に成功。
45年 1970年 株式会社東京機械製作所と製品販売に関する業務協定成立。
46年 1971年 川西市出在家に川西工場新設。
47年 1972年 新聞搬送用KSキャリアを開発し大阪印刷文化展に発表。
朝日新聞社のご指導のもと新構想樹脂版ARS成型機を完成JANPSにて公開。
58年 1983年 電動トロッコ式重量物搬送システム、新聞巻取紙搬送システムをJANPS’83に展示。
63年 1988年 自動紙継支度装置(PPR)実用機の完成。1号機納入。
平成 1年 1989年 PPRとバッテリー式電動トロッコの組合せをJANPS’89で実演展示。
2年 1990年 大阪市西淀川区竹島に大阪工場を完成。
AGV(電磁誘導方式)給紙設備、全自動ワンプ剥離装置を新工場で公開展示。
3年 1991年 紙庫、給紙部門における一連の省人省力設備をJANPS’91で実演展示。
5年 1993年 立体紙庫、ワンプ剥離機、AGVシステム、サービスフィーダーをJANPS’93で展示。
12年 2000年 大阪工場にてNECとの共同開発によるCTPシステム(MARK2A)とAGSを公開運転。
提携しているIDAB社製CGCS(センターグリップキャリア)も展示。
14年 2002年 日本新聞協会技術委員会にて、CTPシステムが2001年度技術開発奨励賞に選ばれる。
15年 2003年 本社機能及び所在地を豊中市から大阪工場へ移行。(現 西淀川区竹島)
16年 2004年 豊中工場・川西工場を閉鎖し大阪工場に集約。大阪工場増設新工場完成。
BTC(センターグリップキャリア)、PPR(テサ仕様)、AGSの実演展示。
17年 2005年 JANPS'05でBTCを実演展示。
19年 2007年 大阪工場新々工場完成。事務棟及び工場棟増設。
新型AGS、WPR(ワンプ処理機能付支度装置)を実演展示。
20年 2008年 株式会社KKSに社名変更。
21年 2009年 (株)東京機械製作所システム機器部がKKSに完全移管。
創立90周年内覧会を執り行う。
24年 2012年 JANPS’12で宛名付小束作成装置A-FS200を実演展示。
25年 2013年 国立印刷局へ競争入札し落札したPPR・WSP・キャリア・発送設備の納入を11月より翌期にかけて開始する。
26年 2014年 創立95周年式典を執り行う。
第二工場屋根に50kwソーラパネルを設置する。
27年 2015年 JANPS'15で宛名付小束作成装置の簡易包装タイプA-FS200Wを実演展示。新型宛名印刷装置APT-600、荷姿向上タイプCS-800Nも併せて展示し、それぞれ販売開始する。
29年 2017年 関西グランドフェアにAGS(磁気/レーザー誘導)ハイブリッド1ton仕様を出展。
組織変更 新規事業開発推進室を新設。



このページのトップに戻る