製品紹介


HOME > 製品紹介 > 自動巻取紙搬送装置 AGV(Automatic Guided Vehicle)

自動巻取紙搬送装置 AGV(Automatic Guided Vehicle)

特長

バラエティーに富んだシステムをご提案

本装置は磁気誘導方式による自動巻取紙搬送システムです。
磁気誘導による走行は電磁誘導と異なり、既設工場での更新や稼働中の工場でも容易に設置が可能なため低コストで給紙システムをご提供することができます。
また、紙庫設備、支度装置を含めた巻取紙搬送システムとして今まで以上にバラエティーに富んだシステムをご提案いたします。

大幅な小型・軽量化、省エネ化

従来のモデルより、容積比で58%の小型化と、本体質量の39%軽量化に成功しましたので、よりレイアウトに自由度ができると共に、床面へのダメージが軽減できます。
また、駆動装置の消費電力の軽減にも配慮しましたので、バッテリーに優しく経済的となりました。

磁気誘導方式の採用により稼働時や設備増設時のコストが安価

磁気誘導方式では誘導路として永久磁石を床下に埋設いたします。
電磁誘導方式に比べ電流を流すことなく半永久的に初期性能が持続いたします。
誘導電波発信装置が不要になるだけでなく、不連続に埋設しても構わないため、輪転機基礎部と建築基礎部の乗り継ぎ部分や分岐、合流部の埋設工事が簡単で、建築工事の費用や工事日程でもメリットがあります。
また、新型のAGVではより安価で将来のコース変更も可能な磁気テープ貼り付け方式にも対応いたしました。

制御の柔軟性と高速処理を両立するPLCの採用

最新型の高速PLCを採用する事により、マイコン制御では難しい納入先に応じた細やかな制御仕様の変更を可能とし、かつ別設置の専用コントローラ無しでも安定した走行性能を確保いたしました。

カラー液晶操作パネルの採用で素早い状態把握

AGVの本体には視認性のよいTFTカラー液晶操作パネルを採用しています。
これにより電圧・消費電流値・動作状態・エラー内容等、AGVの様々な状態を簡単に把握できます。

走行用駆動ユニットの改良

AGVのステアリング制御は汎用性の高いモーターを組み合わせて行います。
従来型で採用していたステアリング付き駆動モーターに比べて安価で入手性が高く、メンテナンス性にも優れています。

充実した紙庫管理制御システムとAGV制御システムとの連携機能

AGVを確実に自動搬送するためAGV本体のほかAGV制御システムと紙庫管理制御システムとがお互いに連携しあっています。またAGVシステムの機能を充分に発揮するため巻取管理機能、紙庫管理機能、給紙管理機能、マスター管理機能など印刷現場の運用を迅速かつ正確に管理することができます。

無線リモコンを採用

小型の無線リモコンを採用し、誰でも簡単に扱うことができます。

AGVシステムの制御と管理機能

KKSが長年にわたり培った豊富な経験と実績により充分に満足される管理機能を網羅しています。

仕様

本体寸法 (L)1850×(W)1250×(H)300mm
車体質量 920kg
積載可能荷重 1500kg
走行性能 前進、後進、横行、曲行、スピンターン
走行速度 3〜60m/min
停止精度 ±5m/m(前後、横行、上昇)
誘導方式 磁気誘導
動作モード 手動、コース上手動、自動
安全方式 (前後左右)非常停止ボタン×(4)、オフルート停止、バッテリー過放電検知、自動障害物検出センサー(前後)、バンパー
通信方式 無線通信、IDタグ、光データ通信
充電方式 自動充電方式
バッテリ DC48V、42Ah/10hr



このページのトップに戻る